お問合せ
 
施工について
構造計算
ヒロホームでは、構造計算を、2階建てを含め、全棟に実施しています。計算は、自社の設計スタッフが行い、建物の安全性を検証します。
責任施工
ヒロホームでは、社員によって施工管理を行う、直営責任施工の体制をとっています。大工についても、各棟ごとに専任の担当制をとっており、1棟1棟丁寧に仕上げていきます。一貫した管理体制により、品質を確保し、万が一なにかあった場合でも、スピーディに対応でき、情報が混乱するといった不安もなく、安心です。
地盤調査
ヒロホームでは第3者機関による地盤調査を全棟にて実施しております。調査結果に基づき、必要に応じてしかるべき地盤改良工事を行い、本体工事に進みます。また、検査報告書はお客様に開示し、引渡しの際にお渡ししております。
ベタ基礎
基礎には、建物下の地盤全体に鉄筋を配筋しコンクリートを流し込んで作るベタ基礎を採用しています。面全体で建物を支える構造なので、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができ、床下が土に直に接しないので、シロアリが侵入しにくい、などの利点があります。
基礎パッキン工法
基礎と土台の間に基礎パッキンと呼ばれる硬質材のスペーサーを挟む工法で、基礎の欠損を防ぐ、換気ムラ(特にコーナー部分)をなくし換気性能をアップさせる、土台が基礎に直接触れることによる腐食を防ぐことができる、などのメリットがあります。仕様により気密パッキンも使用します。
集成材
柱や梁などに使用している集成材は、製造過程で節や割れ部分を取り除いているので強度が高い、含水率が15%以下のため木材特有のねじれや反りなどが起こりにくい、均質で精度の高い材料を確保できる、などの利点があります。断面寸法については、構造計算に基づき、決定しています。
プレカット
構造材は、JIS認定に適合した集成材をプレカット(柱や梁の継ぎ手・仕口をあらかじめ工場で加工すること)後、搬入し、現地にて組み上げていきます。プレカット加工には、品質の均一化、耐震性等住宅性能アップ、工期の大幅な短縮、残材など廃棄物の削減などのメリットがあります。さらに安全性や強度を高める目的で、通柱は金物にて梁と接合する工法を行っています。
構造用金物
土台、柱や梁などの接合部の強度を高めるため、防錆処理がなされた耐震金具で補強しています。金物は、構造計算に基づき、接合金物を適材適所に配置することで、建物の倒壊やゆがみを防ぎ、耐震性を確保しています。
防虫防蟻
防虫防蟻工事に使用する薬剤は、平成15年7月1日より施行の、シックハウス対策のための規制導入改正建築基準法に準じ、規制対象外の薬剤を使用しております。また施工業者による「しろあり施工保証書」を発行いたします。
通気工法
外壁通気工法は、構造体の軸組と外壁材の間に通気層という空気が流れる層をつくり、その最下部の換気口から空気を取り入れ、軒裏や棟換気から空気を排出する工法で、建物の壁の中の結露の発生を防ぎ、耐久性を高めます。
シックハウス対策
シックハウス対策のための規制導入改正建築基準法をうけ、ヒロホームでは構造材・建材に制限無しに使えるF☆☆☆☆を使用しています。またクロスについてもF☆☆☆☆を、クロス接着剤はノンホルムで低公害の仕様です。
施工実例集
お問合せ
Q&A